熱帯魚ディスカスの増殖に挑戦しています

最近は、ディスカスという熱帯魚の繁殖に挑戦していらっしゃる。 ディスカスはディスク=円盤という名前の由来のまま、殆ど平べったい円形のCDを縦にしたような形のさかなで、表層にエメラルドグリーンの蛍光の企画があり、その企画の入りパーソンによって型の長所があったりなかなか凝ると明るい魚です。
最近私が取り組んでいるのはその繁殖です。ディスカスは魚では珍しく、雌雄ペアで養育をし、両親の身体の表層から分泌されるおっぱい的もので稚魚が成長します。
現在、3度目の勝負で運よく、「産卵」、「孵化」を経て、稚魚が父兄のおっぱいを摂取しはじめる「身体着」の速度まで辿り着きました。
円塔もののユーモアな形状をした陶器製の産卵塔がペット商店で販売されているのでそれを用意して、それぞれの時点に適した、水質、水温、水流を綿密に管理してあげないと、未受精卵になってしまったり、稚魚が根絶やししてしまったり行う。 なかなかデリケートなのです。
何回かの過失を繰り返してそれなりに捻りを重ねてここまで来たので、生き残って掛かる虎の子の稚魚が平安成長して得るのを祈るばかりです。
熱帯魚に関心の無い方にはわかりづらいですが、ちょっとした喜びを味わっています。