葛藤

いつも親の必要で、親の住んでいる所に行くと悩むのである。

私の住んでいるところよりもずうっと都会なので、ありとあらゆる誘惑に遭遇する。

どうしようか?食事、、

先回は誘惑と空腹に打ち負かされた。(お昼はおにぎり一個で済ませよう、お金もないし、)

と、決意した矢先であった。

「かぼちゃのサラダと、マーガリンのサンドイッチ」の看板に誘われるように

駅地下のカフェに、吸い込まれていった。

毎回毎回外食してどうする?溜まるのはコレステロール

減るのはお金である。

深く猛省し、今回は決意を新たに、駅地下の誘惑?施設

レストラン街を、そそくさと小走りで通り抜けたのである。

だが待てよ、ランチも夕食も、コンビニのパンでいいのか?

私の栄養はどうなるのか?

1日1万歩も歩き回らないと目的地に着かないのに

そんな貧素な食事で親の必要を達成できるのか?

ここで葛藤が起こるのだ。

量より質か質より量か、悩みどころな悩める中年主婦。

先先回は、クレジットで弁当を買った。

これには家に帰ってからのからの、夫と娘の分も加わったのだが。

葛藤を抱えながら今回は、朝も、昼もパンで済ませてしまった。

せめて夕食は、、娘のところでご飯を食べさせてもらった。

なんか、切ないわあ、まあ、おかずを買って行ったけど。

来週も親の必要で、行かねばならない。

どうする私!

来週は質で自分を養なおう。

結局ツケは、自分に来る。