昨年、放送された大河ドラマ「おんな城主直虎」

大河ドラマ「おんな城主直虎」は、徳川家家臣であった井伊家が、まだ今川家の傘下だった頃の話です。

主人公は井伊直虎という女性です。

直虎は井伊家存亡の危機に当主となりました。

そして、この直虎がいたからこそ、直政の代で徳川家家臣へと飛躍します。

このドラマは、今までの大河ドラマとは違った面からの戦国時代を描いています。

それまでの大河ドラマで戦国時代を舞台にした話では名の知れた人物を取り上げていました。

そして「おんな城主直虎」は、井伊家という名前は有名でが、直虎はほとんど無名です。

また、井伊家が弱小であったころの話で、弱小であるため生き残りをかけて繰り広げる駆け引きが見所です。

特に私は、井伊家家臣の小野政次に魅力を感じました。

政次の井伊家を守るために身を挺した行動と策略に注目して欲しいです。

小野政次も直虎と並び、井伊家の礎を築いた人だと思います。

また違った側面から戦国時代を見たドラマだったと思います。