昨年、放送された大河ドラマ「おんな城主直虎」を回想します。

昨年、放送された大河ドラマ「おんな城主直虎」について回想したいと思います。

物語の主人公は井伊直虎という女性です。

井伊と言えば徳川四天王の井伊直政を思い浮かべる方が多いと思います。

直虎は、その直政の先代にあたる人物です。

井伊家が徳川家家臣になったのは直政からです。

その前の直虎までは、今川家の傘下にあり小勢力でした。

今川家からの風当たりは強く、いつ潰されてもおかしくない状況でした。

そんな弱い立場の井伊家を守るために直虎は、東奔西走し、あら手段を尽くします。

そして井伊家は存続し、次代の直政で徳川家家臣へと、のし上がっていきます。

今までの大河ドラマでは、比較的有名な人物が主人公になり、戦国時代が舞台になると派手な合戦シーンが、見どころになることが多いです。

しかし、「おんな城主直虎」では主人公が無名の女性で、井伊家が小勢力だったころの話なので、力攻めの合戦シーンはありませんでした。

しかし、直虎の生き残りをかけて繰り広げる駆け引きは、とても面白く、このドラマの見どころだと思います。

そして、ドラマの登場人物に小野政次という井伊家家老がいます。

私は、特に小野政次に魅力を感じました。

政次は井伊家を守るため、敵も味方もなく周囲を欺くために奸臣を装い、策略を張り巡らします。

そして自分の命と引き換えに井伊家を守りました。

私は、政次の考えの奥深さに心を打たれました。

小野政次も直虎と並び、井伊家の礎を築いた重要人物だと思います。

今考えると、また違った側面から戦国時代を知ることができるドラマだったと思いました。