旅館の朝食の仕事を終え13時半から運転免許証の更新

今日は旅館の朝食の仕事を終え13時半から運転免許証の更新に行きました。昨年10月に今治市でスピード違反で捕まったためにせっかくのゴールド免許が剥奪という事態に陥り2時間の講習を受ける羽目になりました。視力検査がありましたが、右目が少しぼやけているような感じがしました。

それでも左目がははっきりと見えているので、そこでカバーできすんなりと検査は終わりました。2時間の講習では道路交通法の改正について順を追って説明を受けました。最後にビデオを見せられましたが、そこでのポイントは危険予測ということでした。

これは運転中に周囲の状況を目で見てそこから危険が身近にあるのかないのかを判断することです。例えば歩道を子供が走っていたら突然道路に飛び出して来ることを想定して車の運転速度を落としたり、いつでもハンドルを安全な方向へ切れる体勢を整えて置くという事です。

お年寄りの方は徐々に耳が聞こえづらくなっているので、車の走る音が聞こえずに自分で判断して確認せずに車道に出てくることがあるので、そこも頭にインプットして危険を察知していくことも運転する時に重要なことになります。私は3ヶ月前にスピード違反を犯しました。そこでの反省を込めてこの講習で収めた知識を生活に役立てていきたいと思います。