手足口病の感染力

我が家の長男が、クラスで流行っている手足口病に感染して発症しました。

幸いとても軽い状態だったので、私も安心しました。

しかし、家族内は感染はしやすいしその時期も長いというので、もうある意味下の子にうつるのは諦めていました。

だって、うちは兄弟仲良しでいつも気付けば手を繋いでるし一緒に寝てるしお風呂に入るのだから、感染力がなくなる一ヶ月までなんて気を遣ってられません。

もう、諦めていっそのこと早く感染してしまえと思っていました。

でも、やはり気になってここのところ毎日小まめに手足のチェックをしていました。

すると、急に夜になって発熱したのです。

とりあえずうちの常備薬を飲ませたら朝には解熱しましたし、とても元気でした。

だから、幼稚園に行かせたのですがやはり元気でその後も特に手足に発疹があるようには思えませんでした。

熱の出た日から丸2日経ち、相変わらずとっても元気な下の子が口の中で痛いところがあると言い出しました。

見せてもらったけど見えにくくてよく分からなかったのですが、まさか?と思い手を出してもらいました。

何もない手のひらと手の甲に安心したのもつかの間、なんと腕に赤いプツプツがあったのです。

痒くはないのか、それに関してはここプツプツしてる、というだけでした。

まあ熱ないし水疱はないし元気だし大丈夫なのでしょう。

しかし当たり前のように感染したんだなあと、笑えてしまいました。