優しさと大きな御世話

皆さんは余計なお世話だな。と感じたことありませんか?

余計なお世話をする人の心って一体なんなのでしょうか。

他人にされて余計なお世話だと迷惑に思った事、反対に良かれと思ってとった行動が拒否されて傷ついた事もありませんか?

本来、親切心は大切なものなので他人の為に何かしてあげたいと言うのはとても良いことなはずです。

しかしながら時として必要の無い場面で余計な気を使ってしまうことがあります。

一体どんな人がそう言った状況に陥りやすいのでしょうか。

それは相手の状況がわからない時ですね。

逆に私も余計なお世話をしてしまってることがあるかもしれません。

悪気がなくて、何かしてあげたいという気持ちの表れなのです。

これは難しいもので、相手もそれを汲み取ってくれる場合もあります。

余計なお世話と親切は紙1重なわけです。

見極めが本当に難しい。

同じ事柄でも親切を繰り出すタイミングによっても、結果が違います。

何かしてあげたいという気持ちはとても良いことです。

人として必要な優しさですよね。

これがないと人間関係が成り立ちませんし、調和できずに孤立してしまう原因です。

いずれにせよ相手が求めているということが大事なのですね。